• 東洋日記
  • スエルテ日記
  • -->

    物件探し活用術「契約の基礎知識」

    賃貸契約のための基礎知識

    アパート、賃貸マンション、貸家、店舗、事務所編
      物件情報を利用されるためにも、不動産用語を一通り知っておきたいものです。また不動産業者から説明を受ける時の予備知識としても簡単な不動産用語と賃貸契約 の知識を紹介します。

    トラブルが起きてから契約上のことは知らなかったでは通りませんし、その上自分自信不利益となります。よく納得した上での契約が、今後のトラブルを防ぎ、安心した新居生活を保証してくれるでしょう。

    売買契約のための基礎知識

    不動産を取引きする上での一般的な経過は、契約締結(普通は手付金の支払いをもって成立します)の後、購入者はローンの手続きを経て、物件引渡し時に残金 をすべて支払い、所有権移転登記をして終了します。なお、新築物件と中古物件(一般に仲介による取引きが多い)では多少事情が異なりますので、ケースに よってそれぞれ手続き上の注意点を挙げておきます。
    ※[注]新は特に新築物件に係わること。中は特に中古物件に係わること。

    契約から引越しまで

    契約の時に必要な書類や、お金を準備しよう。これらが揃ってないと、不動産会社に何度も足を運ぶはめになるので、なにが必要か確認しておこう。まずは下記を参考にしてみてネ!